Eureka!! Trade Algorithm

プログラムを書いてお金を貰うのではなく、お金を出力するプログラムを書けばいいのではないか

2017年を振り返る(雑記)

2017年を tweet で振り返ってみる

 

 結果から言うと2017年内に処分 結構な損失だった あと一、二ヶ月待っていたら買値よりも上がっていた しかし二年半ほどホールドしていて我慢が足りなかったというのは無い気がする

 

 Android でアプリ作ろうとしたのつい先日のように思えるけど、去年の年始だったのか

今年リリースできるかな ちょっと自信がない

 

 みんな必勝法探してるけど、無いんだろうね

 

 シミュレータ高速化に成功

 

 

 みんなと一緒って何か嫌なんだよね でも安定志向だから世間一般のレールの上歩いてる

 

 

 情けない

 

 三大キャリアから格安SIMに乗り換え 平日昼間などは結構速度がキツいが、あとは特に問題なし

 

24時間サーバで動き続けている Ruby 版とは別に高速化を目的とした C++ 版を作成し、分析箇所を Thread 化するが、そこまで高速化は見込めなかった

高速化するのならよりシーケンスの上位箇所から並列処理しないと意味が無いみたい

 

 サーバの自動アップデート設定

 

 5年ほど使ってたグラボを交換 AMP C++ とか OpenCL とか GPUプログラミングまだ良くわかってないからあまりシミュレータには活かせていない

暗号通貨採掘するときに少し使ったぐらい

ちなみに Geforce 560ti は 2000円ぐらいで中古で売りました 安い。。。

大学生のときにドスパラBTOで組んだパソコンだったけど、同じパーツはケースとCPUと簡易水冷だけかな 電源もグラボもハードディスクもOSも一通り変わった 更に言うとCPUも新しいのに変えてしまいたい

 

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉

 

 

 一度分析対象外となった銘柄はその期間は分析対象外とする除外リストを設定

このときに三年にして今も三年のままだけど、正直微妙。。。

 

大丈夫と思ってたらぜんぜん大丈夫じゃなかった 恐ろしく高い優待券になってしまった 

 

 

 PCが謎のフリーズ連発して一週間ぐらい原因究明してたけど、Cドライブの容量不足が原因だったっぽい

 

 メモリ500MB, 1CPU からメモリ1GB, 2CPUにスケールアップ メモリの恩恵はあまりないけど、2CPUはシミュレータの実行と暗号通貨の採掘で恩恵を受けている

 

 病気になってしまった 今は完治

 

 再起動するとシステムの速度が上がるようなので毎日自動的にサーバー再起動さして、シミュレータも自動起動させようとしたんだけど screen との相性でうまくいかない。。。

 

 そういえばこれ直してないな でも発生確率低いからまだいいか

 

 ここあたりから暗号通貨の採掘を開始 サーバ代にはまったく届いていないから収支で言えば完全に赤字 CPUリソース余らせておくよりは・・・って感じ

ただ最近暗号通貨全体が上がってきているからサーバ代払えるぐらいにはなってる サーバ代とトントン

 

 サーバのCPUだと50H/sとか 調子いいと100H/sとかなってたりする

 

 このあたりからUnity勉強開始 今はまた凍結中

 

 朝プロテインとかも書いてあったな

 

 マイニングプロセスがCPUをずっと掴んでいて安全に再起動できずにGRUBが壊れてしまった  ubuntu iso でセーフモード起動し、boot-repair をすることで何とか起動するように

 

 

 

 

 このときから再起動したらSIMカード読み取らなくなるようになって、初期化したら直るようになってしまった 問い合わせたら格安SIMは動作テスト対象外と言われてしまった もう少し落ち着いたら修理出そうかな

 

 

 もっと更に規模の小さいものを作りたい 作りたいというよりも何かを Google App に上げてみたいというのが本音か しかし小さすぎるとリジェクトされるらしいから悩みもの

ストーリー性を考慮せずにアクションやシューティングで考えてみようか悩み中

 

 ずっと前から考えていた本の電子書籍化がやっと行動に移せた ただ、電子書籍化というよりもPDF化といったほうが適切だった 文字サイズ変更とかはできない

 

後の年末は仕事に忙殺されていた感じ

やろうと思っていたことはそれなりに出来たけど、大きく前には進めていない気がする

 

今年も前に進めますように